復縁した後に後悔しない恋人に思いやりを伝える行動特集

MENU

復縁した後に後悔しない恋人に思いやりを伝える行動特集

SNSの利用や共通の知人の仲介をきっかけに、別れた恋人と復縁するケースが増えています。

 

大切な人との復縁は嬉しいことですが、何らかの原因で再度別れてしまっては元も子もありません。

 

そこで今回は、復縁した後に気をつけるべきポイントをご紹介します。

 

別れた原因となる言動を再度行わない

恋人との別れには必ず原因があります。

 

たとえば、「独占欲が強くて相手に干渉し過ぎた」「いろいろな物事を要求し過ぎた」「浮気をしてしまった」など、さまざまです。

 

おそらく復縁までの間には、あなた自身も一人で冷却期間を過ごしたはずです。

 

そこで自分の悪かった点を振り返り反省したことでしょう。

 

そして元恋人も、同じように自分の欠点を悔いているかも知れません。

 

もし復縁が叶ったのなら、お互いに恋の障害となるような言動を取らないよう留意しなければなりません。

 

仮に、また同じ原因が元で決裂してしまっては、せっかくの復縁が無駄になってしまいます。

 

相手に多くを求め過ぎず、思いやりの気持ちを持って行動しましょう。

 

相手を知り尽くしているという慢心を持たない

復縁をすれば、良く気心の知れた人ともう一度付き合うことになります。

 

ですから、食べ物の好みや趣味、性格なども知り尽くしているという安心感はあります。

 

ただし、その安心感に任せて漠然と付き合っていると、失敗につながる場合があるのです。

 

もしかすると、あなたとの別れを経験した後、彼の恋愛観は大きく変化しているかも知れません。

 

また、健康に配慮して、以前吸っていた煙草をやめたり、食べ物や飲み物の好みが変わっている可能性もあります。

 

さらに、仕事やサークルなどの時間や内容に変化があれば、休日や時間の使い方も違ってくるはずです。

 

ですから、復縁した直後には、彼の状況や嗜好に変化がないかどうかを見極めることが大切です。

 

もし何らかの変化があればそれに沿った対応をし、スムーズに交際を続けましょう。

 

以前の辛い思い出や経験を引きずらない

別れた恋人と復縁した後、以前のことを振り返る人も多いことでしょう。

 

「前はあんなことを言われて頭に来た」「その細かい性格、やっぱり変わらないね」

 

こんなふうに昔のことを引き合いに出し、口喧嘩に発展するのは避けたいところです。

 

相手の欠点に注目するのはやめ、いい方向へ変わった点を評価するという姿勢を打ち出しましょう。

 

以前の辛い思い出や経験は、復縁した時点でリセットしてしまうのが賢明です。

 

常に前を向き、復縁後の成功だけを考えたいものです。

 

あなたとの破局後の彼の恋愛を気にしない

彼と別れてから復縁するまでには、ある程度の期間が空いていたはずです。

 

その時、もしかすると彼には他の恋人がいたかも知れません。

 

ただし、そこであれこれと問い詰めたり、必要以上に対抗心を見せたりするのはタブーです。

 

過去はどうあれ、現在彼と付き合っているのはあなたです。

 

いつまでも彼の以前の恋愛にこだわり、感情的になると、不快感を与えてしまいます。

 

また別れの原因を作らないためにも、冷静な対応でしのぎましょう。

 

おわりに

復縁に成功できたとしても、やはり一定の努力や配慮が必要です。

 

全くの赤の他人である二人が付き合うのですから、考え方や価値観をいかにすり合わせるかが鍵となります。

 

ひたすら相手の言うなりになったり、こちらの意思を押し付けたりしてはうまくいきません。

 

お互いに妥協点を見出しながら、より良い恋愛を目指していきましょう。

 

関連記事一覧