元カレとの関係を修復できる?別れたパターン別の冷却期間とメールでの復縁方法

MENU

元カレとの関係を修復できる?別れたパターン別の冷却期間とメールでの復縁方法

以前付き合ってたんだから、まだ愛情はあるはず!復縁できるはず!という考えでは復縁はできません。

 

以前は愛情でつながっていた恋人同士だった分、お互いの良い点&悪い点も知り尽くしているのですから、良い点を差し置いても別れたいという事は、最初から関係をやり直すよりもはるかに難しいのです。

 

復縁願望があるなら「恋愛関係をまたやり直す」という考え方は捨てる必要があることを、まず覚えておきましょう。

 

元彼と復縁をしたい場合

復縁したい場合には、まずどのような別れ方をしかたが重要な分岐点になります。

 

話し合いをし、表面上は納得づくで別れた場合には、復縁できる可能性は多いに残されています。

 

復縁するには友人関係にまで関係を修復できるかがカギになりますので、冷却期間を3ヶ月から半年程度取り、その期間内は自分の欠点を治し成長する必要があります。

 

もしも最悪な別れ方をした場合には、別れた時の最悪な記憶を和らげるために、半年〜1年以上の冷却期間を取り、友人関係に戻していくことが必要です。

 

ただし、冷却期間が終わって即「やっぱりあなたの事が忘れられない」と復縁を迫っても、今までの努力が水の泡になる確率が高いので要注意です。

 

別れた原因が自分の浮気の場合

浮気は相手への最大の裏切り行為ですので、そう簡単に復縁できないことを肝に銘じる必要があります。

 

浮気された元彼側は「こんなに好きだったのに裏切られた」とショックを受けていますので、この不信感はなかなか拭い去ることはできず、一旦は許してもらえたとしても誠心誠意尽くしたり、マイナスになった信頼関係を取り戻すにはかなりの精神的な負担もあります。

 

浮気が原因で一旦は別れたカップルは、復縁に到るまでには数年の時を要する場合が多いので、そこまで忍耐力が持たない場合には、あきらめた方がお互いの幸せのためです。

 

浮気する方はドキドキ感を求めて浮気に走りますが、そのドキドキ感と彼氏との愛情を考え、浮気心にブレーキをかけられる強い心を持つ事が大切なのかもしれませんね。

 

相手に結婚したいなどのプレッシャーをかけすぎた結果別れた場合

これは女性に多い別れの原因ですが、彼氏に結婚や将来の事を強く迫りすぎてしまい彼氏がプレッシャーや束縛に我慢できなくなって別れを切り出されてしまう場合があります。

 

その際には別れ際にはすっぱりと別れを選択しましょう。

 

2週間〜1ヶ月は全く連絡を絶ったのち
「強く言いすぎた事や彼に対する気持ちへの配慮が足りなかった」
「自分が至らないばかりに傷つけてしまったこと、自分は最低な事をした」

 

などの、謝罪のメールを出しましょう。

 

ここでは復縁したい気持ちを書くことなく反省の言葉のみにしておき、彼からの返信が来たとしてもそのまま返信をせずそのままにしておきます。

 

彼の誕生日やイベント事の数日前に彼を労わるような短い文章のメールを出し、その後も返信はせずにまた放置して様子をみましょう。

 

それからは相手の出方を待ち、返信があった場合には自分の近況などを少し書くなどして、彼との関係修復を少しづつ進めていきます。

 

しかし、決して復縁したいという気持ちは見せてはいけません。
このメールの目的は、男性の狩猟本能を刺激し追いかけさせるためにメールですので、追いかけてこない場合にはすっぱりとあきらめる潔さも必要だと覚えておきましょう。

 

おわりに

復縁は「忍耐」と「粘り強さ」必要となりますので、どうしても復縁したいという覚悟がない場合には、他の男性と幸せになる選択をした方がお互い幸せになれるという事も頭にどこかに置いてから、復縁を目指しましょう。

関連記事一覧